製品案内    製品詳細    通信デバイス    伝送制御仕様    価格表


製品案内

TRANSシリーズは、Windows3.1、Windows9x系・Me、WindowsNT(2000・Xp)、OS/2環境下で、パソコン向け通信アプリケーションシステム構築を強力に支援する通信制御ライブラリです。

 ・BSC手順の「TRANS_B」
 ・JCA手順の「TRANS_J」「TRANS_JH」
 ・全銀協手順の「TRANS_Z」「TRANS_ZH」(TCP全銀も同名称)

から構成されます


・アプリケーションプログラムの一部としてご利用できるよう、それぞれダイナミックリンクライブラリの形式で提供されています。
--------------------------------------------------------------------------------

・必要に応じて、アプリケーションプログラムから、ダイナミックリンクライブラリを呼び出すことにより、ファイル伝送機能をアプリケーションに追加することが可能となります。
--------------------------------------------------------------------------------

・TRANSシリーズは、Microsoft VisualC++、Borland C++、Microsoft Visual Basicでのアプリケーション開発を前提としています。(すべて日本語版)
※VBサンプルはTRANS_J,TRANS_Zのみに付属しています。
--------------------------------------------------------------------------------

・一般公衆回線をはじめ、INSネット64や専用回線を使用したファイル伝送も可能です。※1
--------------------------------------------------------------------------------

・MAX64kbpsの高速な伝送速度でのファイル伝送が可能です。※1
--------------------------------------------------------------------------------

・通信機能を利用することにより、電話の待ち受けシステムも可能です。
--------------------------------------------------------------------------------

・通信処理の大部分を通信デバイス上のプログラムで実行する構造的特徴により、バックグラウンドでの通信処理も問題なく実行できます。
--------------------------------------------------------------------------------

・一括変換可能なダイアログボックス表示機能を備えていますので、簡単なユーザインターフェースにて、設定項目が多く繁雑になりがちな通信パラメータ等を設定できます。
--------------------------------------------------------------------------------

・サンプルプログラムを添付していますので、導入したその日からテスト運用できます。サンプルプログラムには、ソースコードも付属しておりますので、ユーザーアプリケーションを作成する際、利用することが可能です。
--------------------------------------------------------------------------------

・VBX、OCXのサポートにより簡単にアプリケーションプログラムに組み込めます。
※VBX,OCXサポートはTRANS_J,TRANS_Zのみとなります。
--------------------------------------------------------------------------------

カスタマイズに関してもお気軽にご相談下さい。


※1 通信デバイスに依存します